TM


私たちのお仕事

営業 気づきや対応力で信頼を得る、“喜ばれる”仕事。

イベント 集客、売上、再来館など、多彩な“しかけ”が強み。

クリエイティブ 施設の未来像、施策、販促のグランドデザインを描く。

イベント 集客、売上、再来館など、多彩な

Sales Planning

デベロッパーと
企画・制作スタッフをつなぐ司令塔。

あらゆる要望を受けとめ、適切な判断と提案を行います。クライアントの特性を捉え、限られた条件やスケジュールのなかでベストを尽くす。相手の立場に立ち、すぐ側で一緒に考える。そんな最良の"パートナー"が、営業部です。販促運用の計画も、ささいな相談や悩みも、具体的なものから漠然としたものまで、なんでも気軽に話していただけるよう、信頼関係を最も大切にしています。ニーズを的確に捉え、その想いを企画・制作スタッフに伝達し、具現化する。社内外の動きを把握し、ひとつにまとめる"司令塔"です。

誰よりも施設を想い、
未来を見据えた判断・提案を。

弊社の営業スタッフは、他分野の経験も豊富で、企画や制作に精通している点が強みです。広い知識と視野を持ち、常に"気づきのアンテナ"を張りめぐらせることで、「迅速な業務遂行」「柔軟な対応」「的確な判断」を可能にしています。また、できるだけお客様に近づくことで、誰よりも施設のことを思い、未来を見据えた判断や提案ができるよう努めています。お付き合いの長いショッピングセンターでは、クライアントの誰よりも施設について知ってるほど。「今よりもさらに!」という向上心を持ち、施設の要望を叶える。めざしているのは、"喜ばれる"仕事です。

▲戻る

Sales Planning

労を惜しまず、
お客様満足の高いイベントを実現。

イベント企画の考案、実施計画の作成をはじめ、装飾・ディスプレイなどの空間演出、MC・スタッフ受注、設営・運営までトータルに担当します。現場では、ディレクターとしてスタッフおよび会場全体を統括。参加者である一般のお客様に、「ありがとう」「楽しかった」という喜びの言葉を言っていただけるよう、取り組んでいます。その声や表情は、次回の課題改善に活かしています。イベントごとにアンケート調査を行い、施設に報告書を提出。デベロッパーとイベント参加者、両方のお客様満足のため、「労を惜しまず」がポリシーです。

イベントは、
街と住民を直接つなぐマグネット。

地域に根ざした施設として、イベントを通し、いかに地域住民のなかで存在価値を高められるかを念頭に置いています。弊社のイベントの特徴は、また施設に足を運んでもらえるような、再来館の"しかけ"が多い点。集客や売上はもちろん、再来店・再来館、地域連携、コミュニティづくりなど、多彩な"しかけ"の種類とその実施ノウハウが強みです。イベントは、街と住民を直接つなぐマグネットのような存在。魅力あふれる、参加者が楽しめるイベントを作り上げることで、街への愛情を育み、"住みたい街"へとつなげていきます。

▲戻る

Sales Planning

経験豊富なアートディレクターが
情報をカタチにする。

ショッピングセンターが、よりよいショッピングセンターになるために、基本的な方針を定めて、そのための施策・販促の具体案を描く部署です。施策の実施はイベント課が行いますが、広告をカタチにするのはCR部の仕事です。高いデザインスキルを備えたアートディレクターが、最適なビジュアルを提案し、情報発信。"街づくり"への想いを軸に作る誌面は、見る者の感性と売上・集客に訴える"機能するデザイン"です。消費者、クライアント、クリエイティブ、3つの視点を大切にしながら、即効性のあるものから、長く心に残っていくものまで、幅広い広告媒体を扱います。

心に効き、世代を超えて残る
デザインを創り続ける。

施設の未来像を描く際、重視するのが、"人の心に効く""3世代の思い出に残る"メッセージの強さです。それは広告においても同じで、施設や店舗の価値を高め、自分の街に誇りを持てるデザインを意識しています。施設の基本方針を「幹」に例えるなら、枝・葉・花のように瞬間を切り取りながら、その幹を大切に育てていくのがデザインといえます。地域の特性・ターゲット層を踏まえたうえで、旬の表現、多彩な手法で創り続ける。アイデアを生み出し、続けていくことが"街づくり"になる。そのなかで共感を得た広告が、人の心に残っていくと考えます。

▲戻る

Sales Planning

社内外を支える、
なくてはならない縁の下の力持ち。

担当業務は、広告の原稿依頼・校正、店舗まわり、イベント補助をはじめ、発送、メルマガ、アンケート、集計、リサーチ、HPの更新など多岐に渡ります。広告からイベントまであらゆる業務に携わるため、さまざまな角度から施設について把握。デベロッパー、テナント、社内スタッフからも、すべての業務において、"まかせて安心"の体制が信条です。その基盤となるのは、徹底した「業務ルール」。マニュアルと仕組みづくり、速さと丁寧さを両立した仕事でミスを未然に防ぎます。あたり前のことを誰より実直に遂行する職人は、なくてはならない縁の下の力持ちです。

なかなか目が行き届かない、
テナント満足をアップ。

「まかせて安心」には、鉄壁のチームワークという裏付けもあります。課内では常にメンバー間で話し合い、進捗報告・情報共有を行い、互いにカバーしながら実務に取り組んでいます。また、意見交換も活発で、どんなに小さな課題でも解決や改善に全力を注ぎます。テナントと直接やりとりする機会が多いため、日頃のささいな相談や悩みまで受け止める、最大の理解者でもあります。広告等に対するテナントの要望を吸い上げ、満足度を高め、自分たちの施設に誇りを持ってもらう。デベロッパーの目が行き届かないところまで、しっかりフォローします。

▲戻る